あなたはどれくらい知ってる?
シュークリームの由来や伝来

突然ですが皆さんは洋菓子の中で何が一番好きですか?今では町場のケーキ屋さんだけでなくデパートの地下、スーパー、そしてコンビニなどでも手軽に買えて食べられる便利な時代ですよね!
洋菓子は様々な世界から日本に伝来してきました。その中でも、今日は大人気のフランスを代表する「シュークリーム」に焦点を当てて、徹底的に学んでいきたいと思います!




イタリアから来た製菓長、シュークリームの始まり

シュークリーム皆さん一度は食べたことありますよね?シュークリームの始まりは「フランス」で、“パータ・シュー”と呼ばれるシュー生地が16世紀中ごろに持ち込まれました。

イタリアのメディチ家の王女カトリーヌ・ド・メディシスがフランスの伯爵のもとへ嫁いでくる際に、自国から製菓長のポプランを連れて来ました。彼が持ち込んだシューの製法が本場フランスで、「シュー・ア・ラ・クレーム」と呼ばれる現在のシュークリームの形です。

これはイタリアの「ベニエスフレ」という揚げた生地の中にフルーツのクリームを入れたスイーツが元になっています。


飲食店の求人・転職はフーズラボエージェント



シュークリームはどこの名前?

本場フランスでは「シュー・ア・ラ・クレーム」と呼ばれますが、元々「シュー」はフランス語で「キャベツ」の意味を持っています。何となく形が似ていますよね(笑)それに加えてフランスではキャベツは「可愛い」や「愛しい」という言葉の代名詞でもあるのです。非常にぴったりな命名かもしれません。「クレーム」はフランス語で「クリーム」を指します。




シュークリームの様々な呼び方

日本ではシュークリームと呼びますがこれは完全に和製英語です(笑)他の国では何と呼ぶのでしょうか。

まず英語圏ですが、「クリーム・パフ」といいます。「ふっくらした」の意味が含まれているので、それを知っていれば簡単に覚えられますね!

ヨーロッパ圏では「プロフィトロール」と呼ばれ、「小さな利益」、「ほんの気持ちの贈り物」の意味が含まれています。

現在の本場フランスでは日本と同じ形のシュークリームを「シュー・ア・ラ・シエンヌ」と呼びますが、意味しては「昔ながらのシュークリーム」です。




シュークリームの様々な呼び方シュークリームを日本に伝えたサミュエル・ピエール

日本にシュークリームを伝えたのは「サミュエル・ピエール」というフランス人で、彼は幕末に横浜で洋菓子店「横浜八十五番館」を営んでいました。この時代の最先端都市である横浜に新しいことを学びたい製菓の修行人たちが挙って訪れ独立を夢見たといいます。

明治終わりくらいになると、シュークリームも家庭の一般的なお菓子になり、今のシュークリーム文化が確立されたのです。




シュー生地のフル活用!フランスのお菓子

シュークリームに似たお菓子が世界にはたくさん溢れていますが、ここでシュークリームの生地を存分に活用したフランスの代表的なお菓子をお伝えします!

エクレア


シュークリームとは違い、細長く焼かれたものですがフランス語では「エクレール   」というまさかの「稲妻」を意味する言葉が語源とされています。

19世紀にアントナン・カレームが生み出したもので、食べるときに中に入っている

クリームがこぼれ出ないように「稲妻のように一口で食べる」といった意味から名付けられたという説や、はたまた表面の焼かれた「生地の割れ目が稲妻に似ている」、

生地にかけられたチョコレートなどのコーティングがピカッと稲妻のように光っているなどといった説があります。(笑)


パティシエ転職はこちら

一番の違いは、やはりチョコレートでコーティングされている点です!



クロカンブッシュ


フランスのウエディングケーキで、飴掛けした小さな一口サイズのシュークリームを円柱状に積み上げたものです。できるだけ高くするのだそうです。

やはり子孫繁栄などのウエディングやお祝いの際に出されるものだからですね!

「ピエス・モンテ」と呼ばれる、特別な時に作る工芸菓子のひとつで、パン職人や菓子職人の守護聖人である聖オノレの名前にちなんで「サントノーレ」とも呼ばれます。由来としては「ごつごつした木」を意味しています。

「クロカン」は“カリカリするもの”という意味があります。

その日の気温や湿度などの条件を肌で感じ取りながら色と固さを整え、飴を絶妙な厚さで掛けることは、長年の経験を要する難易度の高い技術なのでパティシエさんは物凄い集中力と想いが込められているお菓子なのです!

いかがでしょうか。歴史を学ぶとまた違った魅力を感じてさらにシュークリームを楽しめるようになったのではないかと思います!シュークリームは手軽にも食べれてさらに様々な生地やクリームが作られていますよね!海外からの伝来したものをオリジナルに日本を取り入れたり更なる技術で美味しいものを溢れさせる日本のお菓子をもっともっと知ってその暁にはあなたももう美食家かも…


記事書いた人の写真

この記事書いた人 ナナ

ナナのことを知る →

他の記事を見る⬇︎

魔法のドリンク!?
バタフライピーって知ってる?

韓国風マカロン?「トゥンカロン」について調べてみた

製菓専門学校について
いろいろ調べてみた

私、実は日本生まれです。
意外な日本発祥スイーツ

日本でも食べられるようになった?
シュトーレンとは

意外と知らない!?
アフタヌーンティーのルーツとマナー

女子が大好きなスイーツを
ランキング形式でまとめてみた!

もう悩まない!上手なメレンゲの作り方

もうこのレシピ以外は作りません。
失敗知らず!滑らかプリン作り方

ハーゲンダッツが他のアイスより高くても売れる理由について調べてみた

チョコレートに関する名言やキャッチコピー、歌詞についてまとめてみた

スマホさえあればお菓子は映える!
綺麗なお菓子の撮るコツ4箇条!

私、実は日本生まれです。
意外な日本発祥スイーツ

ケーキ屋さんのショーケースに並ぶお菓子は全て海外からやって来たお菓子だと思っていませんか?

確かにほとんどが海外発祥のお菓子ではありますが、実は洋菓子の隣で堂々と日本発祥スイーツが並んでいるんです!

今回は、意外と知られていない日本生まれスイーツのルーツを詳しくご紹介します!



ショートケーキ

「好きなケーキは何?」という質問をされると、「ショートケーキ!」と答える人も多いのではないでしょうか。

しっとりしたスポンジ生地に生クリームとイチゴの王道の組み合わせで多くの人から愛されるショートケーキですが、実は日本人が生みの親なんです!


元祖ショートケーキはイギリス生まれ

正確にいうと、ショートケーキの発祥はイギリスです。しかし、私たち日本人がイメージするショートケーキとはかなり違っています。

イギリスのショートケーキは、ビスケット生地にクリームとフルーツが挟まった、まるでスコーンのようなケーキです。

ショートケーキの名前にも、「short = サクサクしている」という意味が含まれているのですが、日本人になじみのあるショートケーキの特徴とはかけ離れていますよね。

このイギリス発祥のショートケーキは、イギリスの植民地であったアメリカでも根付いていったようです。


飲食店の求人・転職はフーズラボエージェント



日本のショートケーキのルーツ

当時、日本人は洋菓子=高級というイメージを持っていました。

そのため、イギリス生まれの素朴なショートケーキは、当時のいわゆる洋菓子のイメージにそぐいませんでした。

そんななか、より見た目も味も日本人好みに改良してできたのが現在のショートケーキです!

実は、諸説あり正確に誰が日本のショートケーキの生みの親なのかは特定されていないのですが、2つ有力な説があります。

一つは、アメリカのケーキをアレンジして販売を始めた洋菓子メーカ―「不二家」の創業者、藤井林右衛門さんが広めたという説です。

藤井林右衛門さんは25歳で不二家の原点となる洋菓子店を開業し、その2年後にお菓子作りを学びにアメリカに渡りました。帰国後アメリカで学んだお菓子をもとにショートケーキやシュークリームなどのヒット商品を生み出したとされています。

またもう一つは、日本で初めて本格的なフランス菓子を提供した洋菓子メーカーの「コロンバン」の創業者、門倉國輝さんが広めたという説です。

門倉國輝さんは1921年にフランスへ渡り、パリの一流菓子店コロンバンに初の日本人として入社し、その後、日本で立ち上げる洋菓子店でコロンバンの名を使用する許可を得ると、帰国し1924年に自身の店を開業しました。

門倉さんが日本で立ち上げたコロンバンは創業当時から洋菓子業界唯一の宮内省御用達でした。門倉さんは本場のフランスで身に着けた技術を生かし、日本人の口に合うショートケーキを考案したとされています。

柔らかいものを好む日本人に合わせて、ビスケット生地はスポンジ生地へとアレンジされ、

クリームとイチゴでかわいらしくデコレーションした日本のショートケーキは、

現在では海外でもJapanese (style) Strawberry Shortcakeとして知られています。


パティシエの求人はこちら


ガトーショコラ

チョコレートケーキといえば、まず思い浮かぶのがガトーショコラですよね!

このケーキもかなりの頻度でケーキ屋さんのショーケースでお目にかかる定番スイーツですが、意外にも日本人が生み出したケーキだったんです。


勘違いしているかも!?ガトーショコラの意味

普段よく口にするガトーショコラですが、ガトーショコラの言葉の意味をご存じの方は少ないのではないでしょうか。

ガトーショコラは、フランス語である「gâteau classique au chocolat」(ガトー・クラシック・オ・ショコラ)の略語です。

gâteau classique au chocolat」を一つ一つ直訳してみると、

gâteau」=ケーキ
classique」=一級品
chocolat」=チョコレート

つまり、「チョコレートケーキの一級品」という意味になります。

このことからもわかるように、世界ではガトーショコラというとチョコレートケーキ全般を指す言葉であり、本来は日本のように特定のお菓子を指す言葉ではありません。



ガトーショコラが日本で定番になるまで

日本のガトーショコラの生みの親は、現在は東京都港区南青山にお店を構えるフランス料理店『カストール』のオーナー、藤野賢治さんです。

フランスで作られるチョコレートケーキは、レアに近く、どっしりと濃厚でしっかり甘いのが特徴です。

フランス料理店に勤めていた藤野賢治さんは、より日本人の舌に合うようにと改良を加えたのが現在日本でおなじみのガトーショコラです。

溶かしたバターとチョコレートにメレンゲと粉を加えてオーブンで焼き上げて作るガトーショコラは、日本人の好みに合わせて、どっしりしていながらも、老若男女誰もが食べやすい濃厚さや甘さに調整されています。

そんな貴重なレシピは、藤野賢治さんの持つお店『カストール』の従業員、メディア、また料理本などで多くの人たちに伝えられ、たちまち日本中に広がりました。

ちなみに、現在でも藤野賢治さんのレシピはネットから見ることができます。

藤野賢治さんのレシピはコチラ ▶︎


いかがでしたか?

ショートケーキも、ガトーショコラも日本生まれのスイーツだったなんて、本当に意外ですよね!

どちらのお菓子も日本人の好みに合わせて開発されたからこそ、私たちの文化にしっかり根付いていたんですね。

今度ケーキ屋さんに立ち寄った際は、ぜひ家族や友達にまめ知識を披露してみてください!

記事書いた人の写真

この記事書いた人 ナナ

ナナのことを知る →

他の記事を見る

魔法のドリンク!?
バタフライピーって知ってる?

韓国風マカロン?「トゥンカロン」について調べてみた

製菓専門学校について
いろいろ調べてみた

私、実は日本生まれです。
意外な日本発祥スイーツ

日本でも食べられるようになった?
シュトーレンとは

意外と知らない!?
アフタヌーンティーのルーツとマナー

女子が大好きなスイーツを
ランキング形式でまとめてみた!

もう悩まない!上手なメレンゲの作り方

もうこのレシピ以外は作りません。
失敗知らず!滑らかプリン作り方

ハーゲンダッツが他のアイスより高くても売れる理由について調べてみた

チョコレートに関する名言やキャッチコピー、歌詞についてまとめてみた

スマホさえあればお菓子は映える!
綺麗なお菓子の撮るコツ4箇条!

もうこのレシピ以外は作りません。
失敗知らず!滑らかプリン作り方

皆さん、プリンをお家で作ったことはありますか?

プリンの材料はすごくシンプルです。

卵、牛乳、砂糖といったお家に常備してある材料で作れる手軽さから、手作りスイーツの代表格と言ってもいいのではないでしょうか?

ただし、シンプルがゆえに奥が深く、世の中には沢山のプリンのレシピや配合があります!今回はプリンの作り方を振り返りつつ、パティシエに教わったレシピをもとに失敗しない秘密の滑らかプリンのレシピをご紹介いたします!



飲食店の求人・転職はフーズラボエージェント



プリンの作り方は大きく2通りある!

プリンの作り方は大きく2通りあります。

違いはプリン液の固め方にあるのですが、具体的には、火を通すことで固める作り方と、ゼラチンを使って冷やし固める作り方があります。



火を通す作り方

メリット:好みの固さや食感を調節できる!

もちろんプリンの固さは配合により決まる部分が大きいのですが、火入れ加減でも変えることができます。

卵に含まれるタンパク質が熱で固まる性質を利用して固めているのですが、茹で卵をイメージすると分かりやすいです。茹で時間を調節することによって、半熟卵にも固い茹で卵にも出来ますよね!

プリンも同様に、加熱時間や温度を調節することにより、固めのプリンも滑らかなプリンも作ることができます!


デメリット:火加減が難しく、失敗しやすい

プリン作りは、加熱時間や温度の調整は見極めが非常に難しいです。

「前回と同じように作ったのに失敗してしまった!」「同じレシピなのに触感が全然違う!」といったことが起こる原因は、加熱する際のプリン液の温度によっても加熱の微調整が必要になるからです。

慣れるまで見極めが難しい作業であるため、火を入れすぎると側面に気泡ができてしまったり、逆に火入れが甘いとプリン液が固まらなかったり、といった失敗が多くなってしまいます。



ゼラチンを使う作り方

メリット:簡単で失敗しにくい!

ゼラチンを使うレシピでは、ゼラチンの「50℃~60℃で溶け、20℃以下固まる」といった性質を利用してプリン液を固めます。

プリン作りの一番の難所がゼラチンの力によってクリアできるため、計量さえ間違わなければ、まず失敗しません!

ただ、ゼラチンが溶け残ることにより食感や舌触りを損ねる可能性があるので、丁寧に溶かすことを心がけましょう。


デメリット:固めのプリンを作るのには不向き

ゼラチンで作るプリンは、固めのプリンを作るのに向きません。

もちろんゼラチンの配合を増やせば固さは出ますが、量が多すぎると寒天に近い食感になり理想のプリンからは遠のいてしまうため注意が必要です。

また、ゼラチンで作るプリンは温度が高くなると一度冷やし固めたものでも液体に戻ってしまうため、夏場の持ち運びには向きません。もしプリンを持ち運ぶ際は、保冷剤を入れ、常温以下に保つように注意しましょう。


パティシエの求人はこちら



失敗知らず!理想の滑らかプリンのレシピ

今回は、パティシエにこっそり教えてもらった滑らかプリンの作り方を、家庭でも手に入りやすい材料や分量へと改良した配合でご紹介します。

ゼラチンを使うことで失敗しにくく、滑らかさが引き立つ秘密の配合なので、ぜひ作ってみて下さい!



iconプリンカップのレシピ(約3個分)





配合の2つのポイント
卵黄と生クリームを加えること

→手作りのプリンが、お店のようにコクのある味わいになります

粉ゼラチンよりも液体に溶け込みやすい板ゼラチンを使うこと

→失敗なく滑らかな仕上がりになります。




いかがでしょうか?

プリンはシンプルだからこそ、無限にレシピが存在します。ですが、どのプリンも作り方自体はご紹介した2通りの作り方のどちらかに当てはまっています。

あっさりした味にしいたいから、牛乳だけで作ってみよう!
滑らかにしたいから、卵黄だけを使ってみよう!

といったように、どんなプリンを作りたいのかを考えながら作り方や配合を考えることが、理想のプリン作りへの近道です。

もし滑らかプリンを作りたい場合は、ぜひ今回ご紹介したパティシエ直伝のレシピを一度作ってみて下さいね。

記事書いた人の写真

この記事書いた人 ナナ

ナナのことを知る →

他の記事を見る⬇︎

魔法のドリンク!?
バタフライピーって知ってる?

韓国風マカロン?「トゥンカロン」について調べてみた

製菓専門学校について
いろいろ調べてみた

私、実は日本生まれです。
意外な日本発祥スイーツ

日本でも食べられるようになった?
シュトーレンとは

意外と知らない!?
アフタヌーンティーのルーツとマナー

女子が大好きなスイーツを
ランキング形式でまとめてみた!

もう悩まない!上手なメレンゲの作り方

もうこのレシピ以外は作りません。
失敗知らず!滑らかプリン作り方

ハーゲンダッツが他のアイスより高くても売れる理由について調べてみた

チョコレートに関する名言やキャッチコピー、歌詞についてまとめてみた

スマホさえあればお菓子は映える!
綺麗なお菓子の撮るコツ4箇条!