意外と知らない!?
アフタヌーンティーのルーツとマナー

暖かい紅茶とスイーツをいただきながら優雅なひと時を過ごす―。そんなアフタヌーンティーに憧れを抱く方も多いのではないでしょうか。

最近では、ホテルだけでなくカフェでもアフタヌーンティーが楽しめるお店が増えてきましたよね。

アフタヌーンティーは、イギリス発祥の文化として知られており、現代でもイギリスでは日常生活の中に残っています。

そこで今回は、アフタヌーンティーが生まれた歴史的背景や、意外と知らないマナーについてお話してまいります。



アフタヌーンティー文化の始まり

アフタヌーンティーは、もともとはイギリスの上流階級文化の一つであったことはご存じでしたか?

1840年代頃に第7代ベッドフォード公爵フランシス・ラッセル夫人である、アンナ・マリア・ラッセルさんによって始められたとされています。

当時の英国貴族の食生活は、イングリッシュ・ブレックファストと呼ばれる朝食と、19時~21時頃にいただく夕食の、1日2食でした。

朝食と夕食の間が空く中で、お腹を空かせたアンナ・マリア・ラッセルさんが午後の16時頃にお茶とともにお菓子やパンをこっそり食べ始めたのが、アフタヌーンティーの始まりです。

はじめこそ隠れて寝室で食べていましたが、次第に専用のお茶室で友人たちとお茶を楽しむ社交の場へと発展していき、一般庶民にまで浸透するほど大流行しました。

そんななかで、階級の差別化を図るために上流階級の貴族ほど厳格なマナーが重視されるようになっていったのです。

アフタヌーンティーの始まりが、「おなかが空いてしまったから」だったなんて、親近感がわいて少しクスッとしてしまいませんか?(笑)



アフタヌーンティーにおける上流階級のルール

当時、アフタヌーンティーは「マダムの発表会」といわれ、料理やお部屋のインテリア、

またおもてなしの質などをお客さんにお披露目する場とされていました。

アフタヌーンティーを開催する場合、開催日の一か月前までにお客さんに招待状を届けます。招待状には、日時や開催場所はもちろんですが、当時はドレスコードまで記載されていました。

そして、マダムは紅茶やお菓子だけでなく、食器、テーブルコーディネート、またお部屋のインテリアまで緻密に計画して、当日の準備を進めます。アフタヌーンティーの準備は、当時マダムたちにとって最も重要なお仕事だったそうです。

マダムが、招いたお客さんに一杯目の紅茶、ウェルカムティーを振舞うことからアフタヌーンティーは始まります。

紅茶をいただきながらお菓子や軽食を楽しむ社交の場ですが、マダムが準備した食器やお部屋のインテリアなど、家の格や歴史などの背景とともに語るのが一般的な流れとなっていました。

ファッション

また、アフタヌーンティーの際の服装は、体を締め付けないティーガウンというドレスに、帽子と手袋というスタイルだったそうです。

当時のマダムたちはアフタヌーンティーを開催するにあたってこんなにも時間と労力をかけていたなんて、いかにも上流階級の貴族らしい習わしですね。



現代に残るイギリスのティータイム文化

「イギリス人は日に7回紅茶を飲む」という言葉があるほど、 イギリス人はとても紅茶好きです。

それを象徴するように、 イギリスでは一日に何度もティータイムがあります。

そして、面白いことに「アフタヌーンティー」以外のティータイムにもそれぞれ名前がついています。



アーリーモーニングティー

目覚めてすぐに飲む紅茶を指しています。

当時の貴族は、召使が淹れた出来立ての紅茶を飲むことで目を覚ましていたそうです。

現代では、週末の朝、旦那様が奥様に紅茶を淹れて持っていくような形で文化が残っているようです。

英国紳士、さすがです、、!



イレブンジス

午前11時に出す紅茶を指しています。

もともとはヴィクトリア時代にメイドたちが仕事の合間の休憩として楽しんだティータイムのことで、イレブンジスはお茶菓子と一緒にいただくのが一般的となっています。

ちなみに、イギリスの絵本で有名な「クマのプーさん」はイレブンジスが大好きだそうです!



ミッディ・ティーブレーク

午後の16時頃出す紅茶を指しています。

15分程度の軽いティータイムのことを指し、ミッディ・ティーブレイクではビスケットなどとともにミルクティーをいただきます。

ちなみに、アフタヌーンティーも同じ午後16時頃のティータイムですが、 ミッディ・ティーブレークは日常の習慣であり、アフタヌーンティーは来客があったときのティータイム、といったような違いがあります



アフターディナーティー

夕食の後に飲む紅茶を指しています。薄めのミルクティーにチョコレートをいただきます。イギリス人は本当にミルクティーが好きなようですね!(笑)



ナイトキャップティー

就寝前に飲む紅茶を指しています。

就寝前に暖かい紅茶を飲むことで、体が温まりぐっすり眠れる効果があるんだとか。

などなど、今回ご紹介しただけでもたくさんのティータイムがありますが、地方によってさまざまなティータイムがあるので、実際にはまだまだいろんなティータイムがあるようです。

知って損なし!現代版アフタヌーンティーのマナー

日本では日常生活の中でアフタヌーンティーを楽しむことはめったにありませんよね。そのため、アフタヌーンティーのマナーを知らない人も結構多いかもしれません。しかし、現代でもアフタヌーンティーにはマナーがあります。いざとなった時に使えるよう、アフタヌーンティーの際のマナーを学んでおきましょう!



紅茶を飲む際のマナー

日本でもお茶には作法があるように、紅茶を飲む際にも作法があります。 いつアフタヌーンティーのお誘いがあってもいいように、勉強しておきましょう!



・最初はストレートティーを味わう

イギリスの紅茶はすべてミルクと合わせることを前提に作られていますが、まず一杯目はストレートで飲み紅茶の味わいを楽しむのかマナーです。二杯目からは、ミルクをたっぷり入れて一杯目との変化を楽しみましょう。



・飲むときは、ソーサーを添えて飲む

ソーサーとは、ティーカップの下にある受け皿の名前です。

ティーカップを持ち上げる際は、一緒にソーサーも添えるように持ち上げることで、より品のある振る舞いになります。



・ティーカップ内の紅茶は飲み切る

ティーカップに注いだ紅茶は飲み切るようにしましょう。ただ、ポットに紅茶が余ってしまう場合はマナー違反にはなりません。自分が飲み切れる量をカップに注ぐようにするといいですね。



食べる際のマナー

アフタヌーンティーといえば、3段に重なったケーキスタンドが定番ですよね。実は食べる際の注意点があるんです!



・下段から上段の順で食べ進める

好きなものから順番に食べ進めるのはマナー違反です。下段から上段へ順番に食べ進めましょう。



・一口で食べられないものは一口サイズにカットして食べる

例えば、スコーンはそのままかじりつくのはNG行為です。一口サイズに割ってから、口に運ぶようにしましょう。また、意外かもしれませんが、サンドイッチも一口で食べられないサイズの場合はナイフとフォークを使って一口サイズにカットして食べます。



いかがでしたか?

文化が生まれた歴史から振り返ることで、よりアフタヌーンティーの魅力が感じられたのではないでしょうか。

また、その背景を学ぶ中でイギリス人の深い紅茶愛に触れるきっかけにもなりましたね。

当時の貴族ほどではありませんが、やはりアフタヌーンティーでは品が重んじられるためいつもよりマナーに気を付ける必要があります。

マナーを考慮したうえで、より周りと差をつけてアフタヌーンティーを楽しみましょう!


記事書いた人の写真

この記事書いた人 ナナ

ナナのことを知る →

他の記事を見る⬇︎

魔法のドリンク!?
バタフライピーって知ってる?

私、実は日本生まれです。
意外な日本発祥スイーツ

意外と知らない!?
アフタヌーンティーのルーツとマナー

もう悩まない!上手なメレンゲの作り方

もうこのレシピ以外は作りません。
失敗知らず!滑らかプリン作り方

スマホさえあればお菓子は映える!
綺麗なお菓子の撮るコツ4箇条!

あなたはどれくらい知ってる?
シュークリームの由来や伝来

私、実は日本生まれです。
意外な日本発祥スイーツ

ケーキ屋さんのショーケースに並ぶお菓子は全て海外からやって来たお菓子だと思っていませんか?

確かにほとんどが海外発祥のお菓子ではありますが、実は洋菓子の隣で堂々と日本発祥スイーツが並んでいるんです!

今回は、意外と知られていない日本生まれスイーツのルーツを詳しくご紹介します!



ショートケーキ

「好きなケーキは何?」という質問をされると、「ショートケーキ!」と答える人も多いのではないでしょうか。

しっとりしたスポンジ生地に生クリームとイチゴの王道の組み合わせで多くの人から愛されるショートケーキですが、実は日本人が生みの親なんです!


元祖ショートケーキはイギリス生まれ

正確にいうと、ショートケーキの発祥はイギリスです。しかし、私たち日本人がイメージするショートケーキとはかなり違っています。

イギリスのショートケーキは、ビスケット生地にクリームとフルーツが挟まった、まるでスコーンのようなケーキです。

ショートケーキの名前にも、「short = サクサクしている」という意味が含まれているのですが、日本人になじみのあるショートケーキの特徴とはかけ離れていますよね。

このイギリス発祥のショートケーキは、イギリスの植民地であったアメリカでも根付いていったようです。



日本のショートケーキのルーツ

当時、日本人は洋菓子=高級というイメージを持っていました。

そのため、イギリス生まれの素朴なショートケーキは、当時のいわゆる洋菓子のイメージにそぐいませんでした。

そんななか、より見た目も味も日本人好みに改良してできたのが現在のショートケーキです!

実は、諸説あり正確に誰が日本のショートケーキの生みの親なのかは特定されていないのですが、2つ有力な説があります。

一つは、アメリカのケーキをアレンジして販売を始めた洋菓子メーカ―「不二家」の創業者、藤井林右衛門さんが広めたという説です。

藤井林右衛門さんは25歳で不二家の原点となる洋菓子店を開業し、その2年後にお菓子作りを学びにアメリカに渡りました。帰国後アメリカで学んだお菓子をもとにショートケーキやシュークリームなどのヒット商品を生み出したとされています。

またもう一つは、日本で初めて本格的なフランス菓子を提供した洋菓子メーカーの「コロンバン」の創業者、門倉國輝さんが広めたという説です。

門倉國輝さんは1921年にフランスへ渡り、パリの一流菓子店コロンバンに初の日本人として入社し、その後、日本で立ち上げる洋菓子店でコロンバンの名を使用する許可を得ると、帰国し1924年に自身の店を開業しました。

門倉さんが日本で立ち上げたコロンバンは創業当時から洋菓子業界唯一の宮内省御用達でした。門倉さんは本場のフランスで身に着けた技術を生かし、日本人の口に合うショートケーキを考案したとされています。

柔らかいものを好む日本人に合わせて、ビスケット生地はスポンジ生地へとアレンジされ、

クリームとイチゴでかわいらしくデコレーションした日本のショートケーキは、

現在では海外でもJapanese (style) Strawberry Shortcakeとして知られています。



ガトーショコラ

チョコレートケーキといえば、まず思い浮かぶのがガトーショコラですよね!

このケーキもかなりの頻度でケーキ屋さんのショーケースでお目にかかる定番スイーツですが、意外にも日本人が生み出したケーキだったんです。


勘違いしているかも!?ガトーショコラの意味

普段よく口にするガトーショコラですが、ガトーショコラの言葉の意味をご存じの方は少ないのではないでしょうか。

ガトーショコラは、フランス語である「gâteau classique au chocolat」(ガトー・クラシック・オ・ショコラ)の略語です。

gâteau classique au chocolat」を一つ一つ直訳してみると、

gâteau」=ケーキ
classique」=一級品
chocolat」=チョコレート

つまり、「チョコレートケーキの一級品」という意味になります。

このことからもわかるように、世界ではガトーショコラというとチョコレートケーキ全般を指す言葉であり、本来は日本のように特定のお菓子を指す言葉ではありません。



ガトーショコラが日本で定番になるまで

日本のガトーショコラの生みの親は、現在は東京都港区南青山にお店を構えるフランス料理店『カストール』のオーナー、藤野賢治さんです。

フランスで作られるチョコレートケーキは、レアに近く、どっしりと濃厚でしっかり甘いのが特徴です。

フランス料理店に勤めていた藤野賢治さんは、より日本人の舌に合うようにと改良を加えたのが現在日本でおなじみのガトーショコラです。

溶かしたバターとチョコレートにメレンゲと粉を加えてオーブンで焼き上げて作るガトーショコラは、日本人の好みに合わせて、どっしりしていながらも、老若男女誰もが食べやすい濃厚さや甘さに調整されています。

そんな貴重なレシピは、藤野賢治さんの持つお店『カストール』の従業員、メディア、また料理本などで多くの人たちに伝えられ、たちまち日本中に広がりました。

ちなみに、現在でも藤野賢治さんのレシピはネットから見ることができます。



藤野賢治さんのレシピはコチラ↓

https://www.kyounoryouri.jp/recipe/2672_%E3%82%AC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%A9.html



いかがでしたか?

ショートケーキも、ガトーショコラも日本生まれのスイーツだったなんて、本当に意外ですよね!

どちらのお菓子も日本人の好みに合わせて開発されたからこそ、私たちの文化にしっかり根付いていたんですね。

今度ケーキ屋さんに立ち寄った際は、ぜひ家族や友達にまめ知識を披露してみてください!

記事書いた人の写真

この記事書いた人 ナナ

ナナのことを知る →

他の記事を見る

魔法のドリンク!?
バタフライピーって知ってる?

私、実は日本生まれです。
意外な日本発祥スイーツ

意外と知らない!?
アフタヌーンティーのルーツとマナー

もう悩まない!上手なメレンゲの作り方

もうこのレシピ以外は作りません。
失敗知らず!滑らかプリン作り方

スマホさえあればお菓子は映える!
綺麗なお菓子の撮るコツ4箇条!

あなたはどれくらい知ってる?
シュークリームの由来や伝来