パティシエの面接対策

パティシエを目指しているみなさん、あるいは転職をお考えの方。

パティシエの面接準備って一体何をすればいいの??って悩んでしまいますよね・・・。

今回はそんな皆さんのお悩み解決のお手伝いをしたいと思い記事を書きました!!

ぜひ最後までご覧いただければと思います。


働きたいお店に実際行ってみる

これは基本中の基本!!

自分が働きたいお店が決まっているなら、まずはそこに行って実際にどんな商品があるのか、接客やお店の雰囲気、店舗の大きさなどはしっかりチェックするようにしましょう。

面接する際お店のことを少しでも知っておけば、志望動機として答えることができます。

よっぽど実力があれば別ですが、お店のことを知らないで面接に来る人より、志望度が高くお店のこともよく知ってくれている人の方を採用したいですもんね。

ぜひ足を運んでみてください。

パティシエ 転職


自分が作りたいジャンルやキャリアを明確にする

パティシエといっても様々です。

焼き菓子にチャレンジしたいのか、生菓子か、大手企業で働きたいのか、個人経営の店舗でやっていきたいのか・・・。

生菓子といっても、伝統的なフランス菓子を出しているお店から、イタリア菓子のお店、日本で見かける一般的なケーキ屋など様々です。

インスタで見かけるようなデコレーションに凝ったケーキを提供するところもあれば、シンプルで素朴だけど懐かしい感じの味がするケーキ屋さんもありますね。

チェーン展開されてるお店は別ですが、全く同じものを売るケーキ屋さんはありません。

どのお店でもそれぞれに特徴があって、売り出している部分も違います。

味はもちろん、お店の雰囲気に力を入れているのか、接客で差別化をはかっているのかなどなど・・・。

自分のやりたいジャンルやキャリアに沿ったお店で働く方が、モチベーションにもつながりますし、将来像が描きやすいですよね。

ここをしっかり考えないと、せっかく入社しても結局「思っていたのと違った」とまた転職を繰り返すことになりかねません。

自分の中でこういうふうにキャリアを積んでいきたいと、明確なプランはあるけど、どんなお店が求人を出しているのかわからない・・・。

転職活動に不安がある・・・。

なんて方には転職エージェントを活用することをお勧めします。

登録も相談も無料ですし、お店の情報を教えてくれたり、事前の面接対策や面接同行なんかもしてくれます。

不安な人は一度お問い合わせしてみてはいかがでしょうか??

ここからは転職エージェントについてもっと詳しくみていこうと思います。


オンラインでの相談も可能!!飲食業界に詳しいエージェントでパティシエの転職を成功させよう!!

筆者オススメの飲食業界転職エージェントのご紹介をしたいと思います。

まず転職エージェントを選ぶときに、大切なポイントは『情報力』と『サポート力』です。

■その業態や現場の雰囲気、スタッフなどの内部情報を熟知している

企業の内部情報に精通した転職エージェントを選ぶことがポイントです。

飲食業界で、最も多い退職理由はなにかご存知ですか?

“長時間拘束・過重労働”、次に”福利厚生の希薄さ”です。

ブラック企業のイメージを払拭するため、週休2日の徹底・社保や有給の充実を図った取り組みをしている企業が増えてきているので、有給休暇取得率などの実績を必ず確認しておきましょう。

店長や調理師など現場に携わるポジションの方は、企業の業態だけでなく自分が配属される地域の店舗の状況や雰囲気なども聞いて確認しておきましょう。

「賄い代や社宅の自己負担額は幾らか?」

などの詳細を把握しているエージェントは、情報力があり期待できます。

■書類添削や条件交渉など、求職者へのサポートが充実している人材紹介会社を選ぶというのは基本です。

ホールスタッフの応募書類は履歴書のみの場合が殆どですが、店長候補や本社職を目指す場合は職務経歴書の作成も必須となります。

公式的なカタチがない職務経歴書を自力で作成するのは、なかなか難しいので、書類の添削も行ってくれるエージェントはオススメです。

他に、面接同行をしてその場でフォローや面接後のフィードバックしてくれたり、条件交渉をしてくれるエージェントもあります。

初めて転職する方は、エージェントのサポートをフルに活用することをオススメします。

【フーズラボ・エージェント】

大手企業・チェーン店など幅広いジャンルの求人を紹介している飲食業界特化の転職エージェントです。

業界経験者コンサルタントが履歴書の添削や事前面接対策・キャリア相談にも親身になって相談にのってくれます。

また、転職活動最大に緊張するであろう面接にも同行してくれるので、安心して面接に挑むことができます。

その企業の求人情報はもちろん、実際働く従業員からの声など、企業内のリアルな情報も教えてくれます。

もし興味があるなら、相談ベースで利用してみると良いでしょう。

無料でコンサルタントが内定まで導いてくれるので、安心して利用できます。


パティシエで転職するなら、ここは必ずチェックしよう!!

■お店の口コミ

最近では、ネットで調べられないことってほとんどないですよね。

転職したいお店が決まっているなら、そのお店の口コミは必ずチェックしましょう。

良い口コミはもちろんですが、悪い口コミも必ず確認した方がいいです。

お店の口コミはお客様の正当な評価です。

商品の味のコメントも大事ですが、もっと注意してみたいのは、接客面です。

お客様から、

「お店の人の接客がよくない」とか、「店員が無愛想」、または「味はいいけど・・・お店の雰囲気や店員の雰囲気がよくない」

なんかは、要注意です。

接客態度が悪い、お店や店員の雰囲気が悪い=キッチン内もだいたい雰囲気はよくないです。

もしあなたがパティシェの経験者だとしても、お店のことは全くわからないので、先輩に聞く必要が出てきますよね。

働いている人の雰囲気が悪いと働きにくくなってしまいます。

転職するからには、後悔のないようにしっかり下調べしましょう!!

記事書いた人の写真

この記事書いた人 ナナ

ナナのことを知る →

他の記事を見る⬇︎

魔法のドリンク!?
バタフライピーって知ってる?

韓国風マカロン?「トゥンカロン」について調べてみた

製菓専門学校について
いろいろ調べてみた

私、実は日本生まれです。
意外な日本発祥スイーツ

日本でも食べられるようになった?
シュトーレンとは

意外と知らない!?
アフタヌーンティーのルーツとマナー

女子が大好きなスイーツを
ランキング形式でまとめてみた!

台湾のパイナップルケーキを台湾で作る~日本でも買える美味しいパイナップルケーキ~

ローズマリー

ローズマリーってどんなハーブ?
ハーブ初心者でも簡単!育てたローズマリーでドリンクを作ってみよう!!

もう悩まない!上手なメレンゲの作り方

もうこのレシピ以外は作りません。
失敗知らず!滑らかプリン作り方

パティシエの面接対策

台湾のパイナップルケーキを台湾で作る~日本でも買える美味しいパイナップルケーキ~

こんにちは!!

みなさん台湾の食べ物・飲み物はお好きですか?

台湾といえば、タピオカドリンクはとても有名で、日本にもお店がたくさんありますよね。

台湾ビールも飲んだことある方、いらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、台湾へ行ったことがある方はもちろん、行ったことがない台湾好きの方まで楽しめる、台湾のパイナップルケーキについて書いていこうと思います。

ではまず、台湾について説明していきたいと思います。


台湾って??

もはや知らない方はいないですよね。。。

軽く説明すると、台湾は日本から飛行機で3時間程度で行けちゃいます。

ちなみに日本との時差は1時間です。

週末でも行けて、美味しい料理や、有名な観光地がたくさんある台湾。

マッサージやヘッドスパ、夜市もあって、どこにいくか迷ってしまいます。

そして、みなさんご存知の【九份(きゅうふん)】は『千と千尋の神隠し』の舞台にもなりましたよね。

九份にはお茶屋さんがたくさんあるので、歩き疲れたら是非立ち寄ってみてください。

時間を忘れて何時間でも寛げてしまいます。

台湾人は優しい人が多く、道を聞くととっても親切に答えてくれます。

また1年中温暖で、長い夏と短い冬があるだけで基本は暑いです。

フルーツもとにかく美味しい!!

マンゴー、パイナップル、ライチ、ドラゴンフルーツ、スターフルーツ、レンブなどなど・・・

どうでしょう?

台湾のイメージが湧いてきましたか?

ところで台湾っていうと、やっぱり思い浮かぶのは【タピオカ】ではないでしょうか??

砂糖の量も調整できて、日本のコンビニなみに店舗があるので、気がついたら1日で3杯飲んでいた!なんてことも・・・

タピオカ以外にもフルーツドリンクを売ってるところは多いです。

タピオカの代わりにフルーツが入っているドリンクもあって、こちらもおいしかったです。

そしてそして、台湾ビールもおいしいですよね。

個人的には蜂蜜ビールがオススメです!!

苦いビールが好きな男性の方は苦手かもしれませんが、女性からは結構人気高めです!

ちなみにタピオカのパンケーキなんてのもあります。

パンケーキの上にも中にもタピオカがたくさん使われていて、とってもモチモチしていておいしいんです!!お腹もいっぱいになります。

ちなみに台湾のお土産というと、「パイナップルケーキ」というくらい鉄板ですよね??

このパイナップルケーキお店で買うこともできますが、自分で作ってみることもできちゃうのはご存知でしたか??

実際に、台湾でパイナップルケーキ作りの体験に行ってきたので、サクッと体験談を書いていきます~

パティシエ求人はこちら


パイナップルケーキ

■パイナップルケーキ作りの体験

「士林」駅から徒歩約5分にある、郭元益(グォユェンイー、Kuo Yuan Ye)の「パイナップルケーキ体験DIY」に参加しました。

ここが入り口です。

日本語でも説明が書いてありました。(嬉しい!)

テーブルに着いたらパイナップルケーキを作る流れの説明があり、そのあとは実践!

材料を混ぜて、包んで、型にはめて・・・

型にはめたら、自分のだとわかるように、印をつけます。

焼き上がったら包装紙に包んで箱に入れて出来上がり!!

味は、お店で売っているのと同じものでした!!(自分で作ったからか、さらにおいしい!!)

コロナが落ち着いて、もし台湾に行く機会があれば、是非体験してみてください。

オンラインで日本からでも予約可能です。(日本語あり)
【予約サイトはこちらから


【郭元益糕餅博物館

パイナップルケーキ作りに目がいってしまいがちですが、ここは博物館でもあるので、台湾の衣装を着たり、展示物を見たり、説明を聞いたりと、なかなか楽しめます!!

【アクセス】

士林駅 1番出口 徒歩5分

場所も士林夜市から徒歩15分くらいです。

そのあと夜市でも楽しむことができるので、行かないともったいない!!と思います。

こうやって作ると、パイナップルケーキって意外と作るの簡単なんだなって思ってしまいましたが、この体験コースはあらかじめ使う材料を全て量って分けて、テーブルにセットされていて、しかもスタッフが焼いてくれるからそう思ってしまっただけで、実際いちから作るとなると結構大変ですよね・・・

なので!!

台湾で実際買って美味しかったパイナップルケーキが日本でも買えるということで、オススメのパイナップルケーキを2つ書いていこうと思います。

■SunnyHills(サニーヒルズ)

ここのパイナップルケーキ、めちゃくちゃ美味しいです。

台湾人も好きなパイナップルケーキ!!

実は日本にも、東京・大阪・神奈川と店舗があります。 もちろんオンラインでの購入も可能なので、「お店が遠くて行けない」「行く時間がない」方にも安心です。


【サニーヒルズ公式サイト

お店では、店員さんが商品の特徴や台湾本店商品との違いを丁寧に説明してくれます。

台湾はほんのり酸っぱさがあり、日本のは台湾と比べて甘く酸味がないです。

これは日本は完熟期のものだけを利用しているからなんだとか。

台湾は収穫時期がばらけるので、少し酸味があるのでしょうか。

パイナップルをとことん煮詰めた感じで、ちょうどいい甘酸っぱさがあります。

外側のクッキーみたいな生地がサクサクとしていてバターの香りも合わさってとってもおいしかったです。

次回はここのアップルケーキに挑戦したいと思います!!

■郭元益(グォユェンイー)

先程筆者がお話しした「手作りパイナップルケーキ体験をした」ブランドからも、購入できちゃいます。

台湾パイナップルケーキ フェスティバルで金賞も受賞した「郭元益」(グォユェンイー)のパイナップルケーキは格別甘くて、生地もしっとりしています。

先程ご紹介したサニーヒルズより一つ一つの大きさは大きい気がします。

郭元益(グォユェンイー)は日本には都内に1店舗のみ、日本橋のコレド室町テラスの中にお店があります。

楽天やアマゾンでも購入可能なので、都内までは行けない方にも嬉しいですよね。

【楽天通販サイト

いかがでしょうか。

2種類のブランドのパイナップルケーキをご紹介しましたが、どちらか食べてみたいのはありましたか?

筆者としては、両方オススメなので、2種類買って食べ比べしてみてもいいかと思います。


最後に

パイナップルって台湾ではとっても縁起のいい果物なんです。

その理由は、中国語ではパイナップルを「鳳梨」と書きます。

読み方は、普通話(中国語の標準語)で「フォンリー」ですが、台湾語・閩南語では「オンライ」と読みます。

これは、良いことが来るという意味の「旺来」と発音がとても似ています。

また、パイナップルの葉は鳳凰の羽を想像させ、上に勢いよく広がる形でもあります。

フルーツ王国・台湾では、夜市の屋台でも、市場でも、どこにでもいたるところに果物屋さんがあり、パイナップルは外せないフルーツのひとつです。

台湾で愛されてるパイナップルが、台湾土産に定着した理由に納得がいきますね。

この時期、海外にはなかなか行けないので、台湾好きにとっては少しでもお家で台湾を感じられたら嬉しいですよね。

今回は台湾と台湾のパイナップルケーキのお話しでした。

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

記事書いた人の写真

この記事書いた人 ナナ

ナナのことを知る →

他の記事を見る⬇︎

魔法のドリンク!?
バタフライピーって知ってる?

韓国風マカロン?「トゥンカロン」について調べてみた

製菓専門学校について
いろいろ調べてみた

私、実は日本生まれです。
意外な日本発祥スイーツ

日本でも食べられるようになった?
シュトーレンとは

意外と知らない!?
アフタヌーンティーのルーツとマナー

女子が大好きなスイーツを
ランキング形式でまとめてみた!

台湾のパイナップルケーキを台湾で作る~日本でも買える美味しいパイナップルケーキ~

ローズマリー

ローズマリーってどんなハーブ?
ハーブ初心者でも簡単!育てたローズマリーでドリンクを作ってみよう!!

もう悩まない!上手なメレンゲの作り方

もうこのレシピ以外は作りません。
失敗知らず!滑らかプリン作り方

パティシエの面接対策