チョコレートに関する名言やキャッチコピー、歌詞についてまとめてみた

みなさんが大好きなチョコレート。

嫌いではない限り、最低でも1年に1回は食べると思いますし、もはや毎日食べてる人だっているはずです。

みんなが知っているお菓子の中でも定番ということで、映画や漫画、音楽でもたびたびチョコレートに関連するセリフや歌詞が出てきます。

そこで今回は趣向を変えて、チョコレートに関する名言やキャッチコピーなどについてまとめてみました。

人生はチョコレートの箱。開けてみないと分からない。


Life was like a box of chocolates. You never know what you’re gonna get.

これは過去のアカデミー賞で作品賞を受賞した「Forrest Gump(フォレスト・ガンプ)」という作品の劇中に使われた台詞で、キャッチコピーでもあります。
この台詞は世界的に有名で、アメリカ映画の名セリフベスト100でも40位を獲得しています。

チョコレートの名言となると、筆者が真っ先に思い浮かべるのがコレです。

どんな種類のチョコレートが入っているのか、どんな味なのか。
それは箱を開けてみないとわからないし、食べてみないとわからない。

そうした意味から、人生は予測できない。何が起こるか、やってみなければわからない。
ということなのでしょう。

私は好きではないチョコレートに出会ったことはない。


I never met a chocolate I didn’t like.

 これは海外のSFドラマ「スタートレック」に出てくる、ディアナ・トロイが言った台詞です。

訳してしまうと頭がこんがらがってしまうような意味になってしまいますが、(笑)
どんなチョコでも嫌いになることはない、といったニュアンスでしょうか。

理屈抜きで楽しいのがチョコさ

Candy doesn’t have to have a point.That’s why it’s candy.

これはジョニー・デップ主演の「チャーリーとチョコレート工場」で劇中に出てきた台詞の一つです。

この台詞を言ったのは、貧乏な家庭で育ちながらも純粋な心を持つチャーリー少年。
なかなか食べられないお菓子がどれだけ素晴らしいものかを知っているからこそ、出てきた台詞かと思います。

最近のチョコレートときたら、軟弱の極みだよね。マイクロ・グラインド製法のせいかしらん。

これは漫画家、松本大洋さんの作品「ピンポン」にてお菓子好きの主人公のペコが言った台詞です。

そもそも、マイクロ・グラインド製法とは…?ってところからですよね。(笑)
この製法で作られたチョコは衛生的な無菌チョコとして、風味と保存性が上がったものなので一般的には良いイメージのはずです。

しかし、板チョコやチョコフレークのような駄菓子好きのペコにとっては最近のチョコレートはどれもその製法で作られていてつまらない、衛生的・デリケートすぎて軟弱と捉えているのでしょうか。

単なるお菓子の話に聞こえますが、松本大洋さんの作品の台詞はひとつひとつに深い意味があったりするので、こうしたペコの台詞にもなにかのメッセージがあるように感じてしまいます…勝手にですけど。

一日一片のチョコレートで医者を寄せ付けない。


A little chocolate a day keeps the doctor at bay.

これはアメリカの作家である、マルシア・カーリントンさんの言葉です。

an apple a day keeps the doctor away(りんごは医者いらず)にもじられたものですが、栄養価の高いチョコレートだからこそ言えるものといえるでしょう。

本当に必要なのは愛だけど、たまにはチョコレートがあっても悪くないわね。


All you really need is love, but a little chocolate now and then doesn’t hurt.

これはスヌーピーで有名な漫画「ピーナッツ」の登場人物、ルーシーという女の子が言った台詞です。
自己中心的で意地悪な性格のルーシーは、ピーナッツの中で人気のキャラとは言えないかもしれませんが、時折さらっと素敵な言葉を言えるのが彼女の魅力といえます。

「本当に必要なのは愛だけだ」という言葉だけだと理想的で堅いイメージになってしまいますが、「たまにはチョコレートも…」というかわいらしい言葉が付け加えられると、柔らかいイメージに変わってクスっと笑えますよね。

キャラメルは一時的な流行に過ぎないが、チョコレートは永久的なものだ。

Caramels are only a fad. Chocolate is a permanent thing.

これは日本でも食べられているアメリカ最古で最大手のチョコレートメーカー「Hershey’s」の創業者、ミルトン・S・ハーシーさんの言葉です。

競合がキャラメルを売っていることに対しての発言かと思いきや、実は違います。

ハーシーさんはチョコレート事業の前にしていたのがキャラメル事業でした。
当時キャラメル事業も大成功しましたが、人気が落ちたわけでもないのに会社を売却して、その資金でチョコレート事業を始めたのです。

「どうしてキャラメル事業ではなく、チョコにしたのか?」と聞かれて、その際にハーシーさんが答えたのがコレになるわけです。

当時、贅沢品だったチョコレートの大量生産をおこなって庶民的なお菓子にしていけば、必ず売れる将来性を見出せたハーシーさんだからこそ言えた言葉ですね。

世界中のいたるところには経済的、政治的、宗教的な緊張がある。だから私たちにはチョコレートが必要なのです。


Everywhere in the world there are tensions, economic, political, religious. So we need chocolate.

日本にも支店がある「ル・ショコラ・アラン・デュカス」を経営する世界的に有名なショコラティエ、アラン・デュカスさんの言葉です。

さまざまな緊張があるが、そうした緊張を和らげてくれるものがチョコレートだという意味かとは思いますが、アラン氏ほどの超一流の人が言うからこそ説得力があるといえるでしょう。

世界中の銃からチョコフレークが出るといいんだよ。しぽぽぽぽぽんってさ。

これは漫画家の西原理恵子さんの作品「毎日かあさん」に登場する息子(アニメ版だと文治)が言った台詞です。

「世界から銃がなくなれば…」という話はよく聞きますが、子供だからこそできるこういった発想は、平和な雰囲気を一層強くしてくれますね。

人生が、ラブストーリーでありますように。

これは「チョコレートは、明治〜♪」のCMでお馴染みの明治製菓が過去に出した広告コピーです。

当時は少子化が話題で、お菓子の消費量も減っていた時期でした。
そのため、明治では大人にもチョコレートを食べて欲しいという想いで、雑誌広告として家族のラブストーリーを掲載しました。

この雑誌広告は読者から多くの反響があり、テレビCMや新聞広告にも掲載されました。
筆者も当時、このコピーもそうですが、ハートフルなストーリーが毎回楽しみだったのを覚えています。

計算する女の子 期待してる男の子 ときめいてる女の子 気にしないふり男の子

これはPerfumeの「チョコレイト・ディスコ」の歌詞です。
Perfumeの代表曲でもあり、今ではバレンタインデーの定番曲といってもいいでしょう。

本命チョコと義理チョコを作るための材料の見積もり、片想いの人に渡すための算段…いろいろ計算して、渡した後の展開にときめく女の子。

そして、この日の男の子たちは本当は期待してるのに、カッコつけてわざとしてないふりをする…。
なんとも青春を感じる情景を思い浮かばせてくれる歌詞ですね。

バレンタインデーは女の子がチョコに愛の勇気をもらって大切な思い出を作る日… だからチョコは甘くて苦いんだって…

先程のチョコレイト・ディスコをきっかけに、バレンタインにちなんだものを挙げていこうかと思います。

これは人気アニメの「名探偵コナン」に出てくる吉田歩美ちゃんが言った台詞です。

彼女は小学1年生ながらも、この台詞だけでなく恋愛においては異常にませた言動が多いです。(笑)
しかしながらこれは「お母さんが言ってた」という経緯があるので、もしかしたら歩美ちゃんがませてるのはお母さんの影響なのかもしれませんね…。

勿論キャラが一口かじってますが…

これは人気アニメ「テニスの王子様」シリーズの作者である許斐剛さんのTwitterでの発言です。

作中には多くのイケメンキャラが登場するので、バレンタインになるとキャラ愛が止まらない多くのファンから総数10万個以上という、とんでもない数のチョコが許斐さん宛に届けられます。

その際に、許斐さんがチョコの行き先についてTwitterで

と、説明したのです。

こうしたファンへの細やかな心遣いをしている作者だからこそ、20年経った今でも愛されているシリーズなのかと思えますね。

バレンタインの主役は、もらう人より、あげる人です。

これは高級チョコの定番「GODIVA(ゴディバ)」の過去の広告コピーです。
当時、筆者は電車のおしゃれな広告が貼られていたのを覚えています。

GODIVAは今までにも「あげるって、たのしい。」「女性が幸せになるバレンタイン、はじまる。」といった、女性目線で女性向けのキャッチコピー出しています。

愛のカタチは、義理と本命だけじゃない。

これは「お口の恋人」でお馴染みのLOTTE (ロッテ)が出した過去の広告コピーです。
小松菜奈さんや広瀬すずさん、吉田羊さんを起用してさまざまなバレンタインのカタチを提案したCMが筆者は印象的でした。

バレンタインのチョコでは「義理か本命」で2つに分けられますが、チョコ=愛のカタチとして見た時であれば、家族を喜ばせたい優しさや一緒にいてくれることへの感謝など色々な想いがある…というメッセージが込められていると考えられます。

好きな人にあげたくて、みんなに配った。

これは明治製菓の商品、「ショコライフ」の過去の広告コピーです。

みんなにチョコを配る中に、片想いの人がいる…。
本当はその人だけに渡したいのに、勇気がない、恥ずかしいといった複雑な女心を表現した、筆者の私には「わかる…わかるよ…」といえるコピーですね。(笑)

本命っていうより、本気かな。
東京のパティシエの求人はこちら

大阪のパティシエの求人はこちら

これはLOTTEの商品、「ガーナチョコレート」の過去の広告コピーです。

ガーナチョコレートを買って、湯煎で溶かして、そこからオリジナルのチョコを頑張って作って、勇気を出して片想いの男の子にあげる…。

女の子の背中を押してくれる、すばらしいコピーかと思えます。

一目で義理とわかるチョコ

「おいしさイナズマ級!」のキャッチコピーでお馴染みの大人気コスパ最強チョコ、有楽製菓「ブラックサンダー」の広告コピーです。

この広告が出た当時、GODIVAは「日本は、義理チョコをやめよう。」というキャッチコピーを出していました。

前述の通り、女性目線で女性向けのキャッチコピーが多いGODIVAですが、このキャッチコピーは人間関係を考えた義理チョコのせいでバレンタインデーを楽しめないなら、純粋な気持ちを渡す楽しさを思い出すために、義理チョコはやめましょう!というメッセージがあります。

しかし、これに対して有楽製菓はTwitterで

と、発信しました。

たしかにブラックサンダーであれば女性にとっては経済的に助かり、男女共に身構えたり勘違いすることはないでしょう。
だからこそキャッチコピー通り、義理に相応しい商品といえるかと思えますね。

まとめ

いかがでしたか?
みなさんが思い浮かぶものはありましたか?

まとめてみると、やはり恋愛、バレンタイン系の言葉が多くなりますね。

今回はチョコレートでまとめてみましたが、機会があれば他のお菓子でもまとめてみたいとも思っています。

チョコレート、、食べたくなりますね。(笑)

記事書いた人の写真

この記事書いた人 ナナ

ナナのことを知る →

他の記事を見る⬇︎

魔法のドリンク!?
バタフライピーって知ってる?

韓国風マカロン?「トゥンカロン」について調べてみた

製菓専門学校について
いろいろ調べてみた

私、実は日本生まれです。
意外な日本発祥スイーツ

日本でも食べられるようになった?
シュトーレンとは

意外と知らない!?
アフタヌーンティーのルーツとマナー

女子が大好きなスイーツを
ランキング形式でまとめてみた!

ローズマリー

ローズマリーってどんなハーブ?
ハーブ初心者でも簡単!育てたローズマリーでドリンクを作ってみよう!!

もう悩まない!上手なメレンゲの作り方

もうこのレシピ以外は作りません。
失敗知らず!滑らかプリン作り方

ハーゲンダッツが他のアイスより高くても売れる理由について調べてみた

チョコレートに関する名言やキャッチコピー、歌詞についてまとめてみた